「こうでありたい自分」に気付かせてくれるホロスコープ

 

占い自体はその人の根本を変える力はありません。
そもそも占いとヒーリングは別物と思っています。
(中にはミックスできている占い師さんもいらっしゃいますが)
少なくとも、私自身はヒーラーではありませんので、ジェミニNORIKOの占いにはそういうスピリチュアル性はあまりないかなあと思います。
とはいえ、ホロスコープを読んでいると、「悩みやすいのかな」「繊細さんかな?」と思われる配置は確かにあります。
本来、とても社交的、外交的であるのに、経験によって臆病になってしまった・・というパターンも。
過去の一つの経験は「たまたま、相手かこの人で、この状況で、このパターンだったから起こった」ことであり、将来、まったく同じ出来事が起こることはありません。あるとすれば、自分の思考と行動がまったく一緒だったという場合でしょうか。
思考が変われば行動が変わる・・とありますが、自分自身に起こった「マイナス」といえる事柄があれば、ちょっと辛い作業にはなりますがそれを書き起こしてみましょう。
そして将来、まったく同じことが起こった場合の自分の思考と行動パターンをいくつか書き出してみて、客観視します。
どれが「こうでありたい自分か」を判断してみます。
こうあるためには、どのようなコミュニケーションスキルを身につけるとよいか・・と探ります。
自分軸は大切ですが、軸を大切にすることと、頑固であるというのは似て非となるもの。
「ここは譲らないけど・・・」を前提として、人によって対応を変えるスキルは身に着けておくととても便利です。
ホロスコープで「コミュニケーションに難がある」とあれば、その状況が起こったときに「その状況からうまく逃げる方法」などを「その分野のプロフェッショナル」から学ぶという段階を踏む事ができます。
段階的に自分の行動パターンを変える作業は、とても手間のかかることではありますが、確実な方法であるともいえます。