2018年下半期牡牛座の運勢

 

牡牛座はとにかく「安心」を重視する星座です。
無用な冒険はしませんし、そばにいる人が冒険をするのも好みません。

 

つまり、自分が「安全」で「安定」した生活を送る。
上質な生活レベルの条件は、「衣食住」といった、基本的生活の安定が欠かせないのです。

 

よって、ひどく貧乏になると心が不安定になりますし、自分なりに設定したレベルを保つためには努力を惜しみません。
牡牛座の要素が強い人をパートナーにすることで、生活のリズムは規則正しく刻まれるようになるのです。

 

そんな牡牛座の「根底」を覆す出来事が、今年の5月に起こりました。
天王星の牡牛座入りです。

 

天王星は、「突然の出来事」「突然の改革」といった、牡牛座にとって「安定、安心」とは真逆の出来事をもたらします。
実際、5月以降、牡牛座の人にとって、「なんだか足元が揺らいでいうような・・・」と感じる出来事が増えてきたかもしれません。

周りを取り巻く環境、価値観、目にするニュース。
心があちらこちらへと移動するような、そんな落ち着きの無さを感じることが、今後徐々に増えてきます。

 

この「足元の変化」は、前向きに受け止めていくものです。
牡牛座にとっては「リフォーム」を兼ねているともいえるでしょう。
リフォームは、「より暮らしやすくなる」ための作業。

 

お家をリフォームする目的は、より便利に快適に。
何よりも「美しくなる」ことを目標としたもの。

 

「安定が良い」からといって、強度が落ちた床、汚れた壁紙をそのままにするのはなんだか美しいものではありませんよね。
ですので、今後の変化はよりポジティブに受け止めていく必要があるのです。

 

牡牛座にとって必要な「変化への適応力」が試されるのは、秋までは「人間関係」でそれが現れます。牡牛座の回りの人たち。そして手を組む人のチェンジなど、いつも自分の視界に入っていた人が徐々に入れ替わっていきます。これは昨年の秋からの傾向ではありましたが、今後はもっと加速します。

 

また、11月以降、あなたの「財産」に変化が表れるようになります。
自分の所有物を一旦見直したり、資産運用を検討し直したり・・といった、比較的スケールの大きな「お金と人」にまつわる出来事が増えてくるでしょう。

 

個人のチャートによっては、争いごとに発展する場合も。
注意深く見ていく必要があります。

 

いずれにせよ、今後、長期間にわたって、あなた自身がリニューアルされていく傾向です。
持ち物も、考え方も、よりポジティブにアップデートしていく。

 

そうすることで、新たなあなたの「価値」が生まれます。
新しい「定番」を作り上げる、開拓者となることでしょう。