サイトアイコン アストジェミナス☆ほしのり☆ 

2019年12月30日(月)~2020年1月5日(日)の占わない週間予報

アストロジェミナス NORIKOです。

今年から、こちらのページで星占いをお届けいたします。
といっても、「星座占い」ではなくて、世の中の空気と、それに伴う人々の心の「振動」を読んでいこうというもの。

ワンポイントアドバイス的な、ライトな読み物になりますが、星読みの参考になれば幸せます。

2019年12月30日(月)~2020年1月5日(日)の星の動き

主な星のイベントです。

太陽は山羊座の真ん中あたり。
約8度~13度を運行します。

月は水瓶座17度スタート。牡羊座の終わりまで運行します。
3日に牡羊12度で、上弦の月。
土星と冥王星はタイトなコンジャンクションを続け、
一方で、水星と木星もコンジャクション。
コンジャンクションは、山羊座の中で繰り広げられ、水星&木星と土星&冥王星の間を太陽が入り込むという形です。

政治的なニュースに注意

1月1日は、太陽は山羊座サインを通過しますが、今年は、木星・土星・冥王星が山羊座に集結という、非常に重要な「山羊座」の年といえます。

昨年末に、御用納めで放置されたままになっている問題。
これが、今年は熟成され、政治の腐敗を加速させていく・・・そんな流れになるかもしれません。

株式市場は、6日よりスタートします。
今、投資も多くの人が利用していますが、仮想通貨よりも「確か」な形で、ちゃんと勉強をして増やしていこうという流れが強くなっています。

個人個人の経済問題と併せ、世の中の経済の流れも、非常に難しい課題を抱え、その課題を解いていくことが求められます。

堅実的に、原理原則を踏襲していく力

個人の運気としては、「気を引き締めていこう」という気持ちが強い人ほど、この流れに乗れます。

これまでだったら通用していた「口先だけの言葉」も、徐々に人々の心に響かなくなっていきます。

もともと、堅実志向、安全主義な人であれば、自信を持って歩みの速度を一定に保つ事ができるでしょう。
しかし、夢見がちであったり、要領だけで進んでいた人にとっては、「あれ?ちょっと反応が違うかも?」

と思うことも。

上弦の月で整えておくこと

1月3日の上弦の月で、まず、以下のことを心がけましょう

 

・着実に前に進んでいくぞ!という、強い心を持ちましょう

・口先だけでは、もう人がついてきません。実績を意識しましょう

・1年間の予定を立てましょう。

・ゴールを定め、過程を意識した計画を立てましょう

お誕生日が3日前後の人は、今週は揺れやすく、気持ちがいらだつ人も多いです。
突発的な行動に出ないよう。
6秒数えて意見を言う。アンガーマネジメントを意識しましょう。

 

モバイルバージョンを終了