【蠍座下弦の月】2月10日(月)~2月17日(日)の今週の星占い

今週の星占い

2月10日(月)~2月17日(日)の今週の星占いです。

今週はバレンタインデーがありますね。
もう誰かに告白する・・というより、「友チョコづくり祭り」の方が目立っているように思います。

企業の戦略勝ち!ですね。
今年のキッチンも大騒ぎです。

この星占いは、「●●座、●●座」という星座などの、人をカテゴライズ化した星占いではなく、世の中の雰囲気と自分の性質を掛け合わせ、「生き方」を考えていこうという星占いです。

まず、自分がどんなホロスコープを持っているかを把握した人は、より、活かしていただけるかと思います。

 

今週の主な天体の動き

 

今週の天体の動きはこのようになっています。

  • 太陽・・水瓶座19度―水瓶座23度
  • 月・・・乙女座―蠍座
  • 火星・・16日射手座入り
  • 2月16日 下弦の月
  • 2月17日 水星逆行開始

 

水星逆行開始

 

16日より水星が逆行を始めます。

前後2日ぐらいはブレーキをかける前、アクセルを踏んだ後のように、「負荷」がかかりやすくなります。
逆行開始よりも、この「不安定なとき」の方が、何かしら起こるように感じます。

違和感持ち始めたら、水星逆行に関する注意事を頭に入れつつ、過ごしてみてくださいね。

今回の水星逆行も含め、こちらに詳しく載せています。どうぞご覧ください。

こちらの記事にも書いていますが、特に気を付けたい人は

  • 太陽・月星座が28度29度、0度~12度にある人
  • 柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)に天体が多い人
  • 不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)の終わりごろに天体が多い人

です。

このご時世なので、間違った情報などに振り回されないよう。騙されないよう。
お互い気を付けましょう。

蠍座の下弦の月は心を休めて

 

2月16日は蠍座にて下弦の月となります。

下弦の月は満月から新月の間。中間地点。
テンションが徐々に下がっていく雰囲気。

このところのウィルス関連ですが、水星と海王星が魚座で合。
逆行も始まりますので、オーブ5度から徐々に離れ、アスペクトとしては「合」の状態ではなくなります。

とはいえ、しばらくサイン魚座の中で水星が右往左往しますし、蠍座のルーラーである冥王星も、相変わらず土星、木星とサイン山羊座内に仲よく居座っています。

政治的な緊張は続いたまま。

混沌、カオス状態が水星逆行の終わり(3月10日)あたりまで続く可能性も。

もはや私たちには正確な情報は届かない。そんな、「疑心暗鬼なマグマ」が、絶望に変わっていくような、ニュースもあるかもしれません。

自分の心を平静に保つ。緊張した心を休ませる。
そんな心がけをしていきたいですね。

 

今週心がけたいこと

 

引き続き・・・になりますが、やはり、「情報の輪郭」を意識することと、自らは地に足をつけた言動を意識すること。
今年の水星逆行は感情的な要素が強いため、一度拗れると後々まで響きます。

  • 人を傷つける言葉は使わない。
  • 自分もむやみに人の言葉に傷つかない。
  • 心のケアは自分が責任をもって行う。

などなど「自己防衛を意識した過ごし方」で、今のこの状態を乗り切りましょう。

バレンタイデーは水星逆行の前☆
素直な気持ちをストレートに伝えてみましょう。

 

水星逆行はこちらで学習

2020年の水星逆行の注意点。これを読めば大丈夫!

メール鑑定のお申込みはコチラ
メール占いお申込みはコチラ