3月2日(月)~3月8日(日)の今週の星占い

今週の星占い

3月2日(月)~3月8日(日)の今週の星占い

こんにちは。

3月になりました。

子供たちは一足早い。突然の春休みスタート。

頭を抱えている大人も多いことでしょう。
私もそのうちの一人ですが、すでに「ママ、あっちいってて」といわれる年ごろなのが幸いです。

 

「ママ、だっこ」「ママ、あそぼ」「ママ、見て見て」

 

自分に頼ってくれるのは今だけ・・と思いつつも、先輩ママさに言われつつも、ぐったりしちゃいますよね。
そんな自分もOK!ママだって人間だもの。

ほっと息抜きできる、読み物を心がけていきますね。

 

この星占いは、「●●座、●●座」という星座などの、人をカテゴライズ化した星占いではなく、世の中の雰囲気と自分の性質を掛け合わせ、「生き方」を考えていこうという星占いです。

まず、自分がどんなホロスコープを持っているかを把握した人は、より、活かしていただけるかと思います。

 

今週の主な天体の動き

 

今週の主な天体の動きはこのようになっています。

  • 太陽・・魚座11度-17度
  • 月・・・牡牛座座-乙女座
  • 水星・・・魚座内で逆行、4日に水瓶座入り
  • 金星・・・5日牡牛座入り
  • 火星・・・山羊座巡行中
  • 4日・・・金星×土星スクエア
  • 8日・・・太陽×海王星コンジャンクション
  • 9日・・・金星×海王星コンジャンクション
  • 10日・・・満月
  • 10日・・・水星逆行終了

 

水星逆行フィナーレと善意のデマ

 

2月16日より逆行中の水星は、3月10日まで。ようやく終わります。

西洋占星術は様々な解釈があります。

「西洋占星術ではこうだけど、そんなの気にしていても無駄」となぜか精神論、根性論とすり替わる占星術師の方も珍しくありません。

西洋占星術で必要なのは、水星逆行中に起こりがちなことを知るだけでなく、起こった場合、どういうとらえ方をし、心がけていくか・・というところまで。

途中で終わってしまうと、ぶんぶん振り回されますので、そうなるくらいなら、図書館にいってマインド強化の本を3冊くらい読むほうが建設的です。
知識持つ人となるのか、カウンセラーになるのか。

それとも、西洋占星術「師」になるのか。

試されますね。

 

今回、私のツイッターではこんなことを書きました。

「善意のデマ」ってうまい言葉だなあ!って思いました。

誰も、「ダマそう」と思ってデマを流すわけではありません。

特に今回は

  • 「誰かを助けたい」
  • 「誰かの役に立ちたい」

と、シェアしていくことで、デマを招く事態となりました。

 

今回の逆行で特に気を付けたい人は、

[list class="li-check"]
  • 太陽・月星座が28度29度、0度~12度にある人
  • 柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)に天体が多い人
  • 不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)の終わりごろに天体が多い人

の方々です。

4日に、水星が戻りに戻って、水瓶座入りします。

水瓶座はIT系、コミュニティ、社会をキーワードに持ちます。
また、「個性」「自由」「改革」も。

「高度なデマ」に気を付けるときだし、今週は、人々の気持ちも扇動される一方で、「自分の世界」を大切にしたいと、改めて気づくとことになります。

ふと「改革」というキーワードが、いつもは政治を考えない人でも思い浮かぶようになります。
これが、今後5年間のうちに、私たちが何度も経験する「感覚」です。

ぜひ覚えておいてくださいね。

個人的な日常生活として、水星逆行時に気を付けたいことをツイッターに書いておきました。
こちらもご覧ください。

4日までの魚座の水星逆行期に気を付けることもツイッターに書いています。

いよいよ、3月10日に逆行終了。

ぜひ、冷静な行動をできる限り心がけてください。

冷静じゃない人たちの行動で巻き込まれることもあるので、買い占められて必要なものが無くなる・・ということもあるんですけどね(汗)

とりあえず、生活必需品は、防災の意味でも日ごろからそろえておいた方が良いですね

(スペースの確保が大変だな)

 

太陽と海王星のコンジャンクション

今の時期、これがあると、あまり良い感じではないのですが、8日、9日と、海王星が太陽、金星とそれぞれコンジャンクションを取ります。

オーブを考えると、今週は海王星がパワーアップされます。

海王星は物事をあいまいにさせてしまうことがあり、「形のないもの」として、水、オイル、薬、そしてウィルスもキーワードに持ちます。

現行と太陽とのコンジャンクションは、人々の行動をさらに混沌とさせてしまうことを示唆しています。

金星と海王星のコンジャンクションは、人々の感受性を刺激させます。
これが良い方に回れば、すばらしいインスピレーションと行動で、世の中に明るい要素をもたらします。

最近、感じたのが、子供たちの世界って、こんな中でも結構明るいんですよね。

特に、tick tockや、youtube、インスタのストーリーなど。
政治家を揶揄したものも多くでているし、こんな状況を斜めに見て嘲笑するような。

昔、教科書で「風刺画」って習いましたよね。お金を燃やす成金さんの絵や、ノルマントン号事件など。

最近は、若い人たちが、動画でシレっと首相を使ったおもしろ(?)動画を作って、たくさん視聴されているんです。

私はそれを見て

「案外、未来は明るいのかも!?」なんて思いました。少なくとも、もう古い政治に今の若い人たちはついていくことはないでしょうね。

そうなると・・・。その境目にいる、ちょっぴり成熟しかかっている人たちが一番危うい立場にいるのかもしれません。

ちなみに、

  • 水星期・・・7~15歳
  •  金星期・・・15~25歳
  •  太陽期・・・25~35歳
  •  火星期・・・35~45歳
  •  木星期・・・45~55歳

惑星で、年代を決めるって、よくできていますね。ホロスコープは。
木星あたりになると、もう達観(あきらめ?)しつつあるときで・・

やっぱりフレッシュさはいつまでももっていたいなって思います。

また、太陽、金星の海王星コンジャンクションは、感傷的になるだけでなく、衰えつつある自分のインスピレーションを信じるときです。

特に太陽が第2デーク(1日~10日生まれの人)は、その傾向が強くなりますので、ぜひノートを持ち歩いておきましょう。

 

コロナウィルスとホロスコープの関係性

 

コロナに関しては、先々週のこちらの記述と、

しばらくサイン魚座の中で水星が右往左往しますし、蠍座のルーラーである冥王星も、相変わらず土星、木星とサイン山羊座内に仲よく居座っています。

政治的な緊張は続いたまま。

混沌、カオス状態が水星逆行の終わり(3月10日)あたりまで続く可能性も。

もはや私たちには正確な情報は届かない。そんな、「疑心暗鬼なマグマ」が、絶望に変わっていくような、ニュースもあるかもしれません。

自分の心を平静に保つ。緊張した心を休ませる。

そんな心がけをしていきたいですね。

 

 

24日に魚座の新月もそうですし、26日まで続く、リリスや海王星との月とのコンジャンクション。
海王星はウィルスに一番近いキーワードを持っています。

リリスは「アブナイカンケイ」のような、アンモラルな要素をキーワードに持ちますが、要するに「悪いものとつながる、つながらざるえを得ない」という事象を生みます。

24日~26日の情報や個人的な人間関係などはには注意を払いたいときですね。

27日に世の中を揺るがす発表がありました。

情報が後出しになることを考えて、1日前後、見ておくとよいかな・・と、今回のことも記録しておきます。

10日~11日がターニングポイントになります。

とはいえ、ウィルスが終息することはないですし、今後は情報とうまく共存しよう・・という流れになります。

一つの情報に対して、全員、右へ倣え!ではなく、それぞれが判断を下すようになるかもしれませんね。

 

3月10日 の満月にしておきたいこと

3月10日は乙女座の満月です。

乙女座の月は、冷静な判断力を持ち合わせます。

海王星とのコンジャンクションが続くときではあるものの、クールダウンさせようと働きかけます。

物事を冷静に見るということは、「ダマされたくない」と思うことと似ています。

人々の目が鋭くなる時ですね。

イレギュラーな日々で気持ちがイラだつ人も多いかと思います。

平静を保つ自信のない人は、10日は情報を遮断してもよいかも・・です。

 

今週心がけたいこと

水星逆行終了に向けたおさらいをしましょう。

2月16日以降、

何が起こって

どんなニュースがあって
自分はどんな行動を起こしたか

水星逆行は、今年はあと2回。

いずれも、「感情を揺さぶる」という点が共通しています。

今の環境に向きあって、どんな感情を持ったかを俯瞰し、同じ失敗を繰り返さないようにしたいですね。

 

年間を通して通用する水星逆行を学習しておきましょう



メール鑑定のお申込みはコチラ
メール占いお申込みはコチラ