サイトアイコン アストジェミナス☆ほしのり☆ 

今週の星占いコラム 7月6日~7月12日

今週の星占い

こんにちは。「ほしのり」今週の星占いです。

波乱に満ちた7月の幕開け。
気を抜くことができない、この状況の中で少しでも自分自身の行動指針が貫けるよう、心がけていきたいですね。

今週もよろしくお願いいたします。

 

この星占いは、「●●座、●●座」という星座などの、人をカテゴライズ化した星占いではなく、世の中の雰囲気と自分の性質を掛け合わせ、「生き方」を考えていこうという星占いです。

まず、自分がどんなホロスコープを持っているかを把握した人から、活かしていただけるかと思います。

 

今週の主な天体の動き

今週の主な天体の動きはこのようになっています。

  • 太陽・・蟹座14度ー蟹座20度
  • 月・・・山羊座-牡羊座
  • 水星・・・蟹座逆行(7月12日まで)
  • 金星・・・双子座内で順行中
  • 火星・・・牡羊座内で順行中
  • 土星・・・水瓶座内で逆行中(9月29日まで)
  • 木星・・・山羊座内で逆行中(9月13日まで)
  • パラス・・・水瓶座内で逆行中(9月6日まで)
  • セレス・・・12日魚座内で逆行開始(10月19日まで)
  • キロン・・・12日牡羊座内で逆行開始(12月16日)
  • 冥王星・・・山羊座内で逆行中(10月4日まで)
  • 海王星・・・魚座内で逆行中(11月29日まで)
  • 7月6日・・・月×冥王星×木星×土星 緊密な合
  • 木星×土星×冥王星・・・コンジャンクション中
  • 木星×冥王星・・・6月30日ジャスト合(参考)

月、冥王星、木星、土星のコンジャンクション:活動宮が元気な時に注意すること

先週の星占いコラムで、このように書きました。

28日に火星が牡羊座入りし、さらに7月2日には逆行中の土星が山羊座に戻ってきます。

木星と冥王星は相変わらず緊密な合を続けており、6月30日にはジャスト「合」となります。

前回の木星と冥王星のジャスト合は4月5日でした。

この頃は、コロナウィルスの感染者が連日100人を超えているときで、世の中が非常に緊迫状態となっていました。

また、火星が山羊座にあった時も、3月末には木星、冥王星と立て続けに合。

つまり1~4月の「活動宮強調」が、再び7月からは起こっていくことになります。

水星逆行であることから、「過去が蒸し返される」ことも。

コロナに限らず、あらゆる可能性、(自然災害等)にも、注意を払う必要があるし、水星と海王星が逆行による判断力の欠如も気を付けたいところです。

先週は、木星と冥王星がジャスト合となり、今週もその影響が続いています。
この「ジャスト」は、年末まで続きます。

また、先月から始まった、月食、日食のコンボは、活動宮で日食、月食が起こっています。
この日食、月食ジャストのホロスコープは、今後の世の中の雰囲気を表します。

蟹座は「水」のエレメントで活動宮。
時期的なものを加味したとしても、落ち着きの無い、次から次へと課題が降りかかってくるような、そんなイメージがつきまといます。

こういう世の中ですので、

  • 地震が起こる
  • 誰かが仕組んだことだ
  • コロナは・・・

などと、人の不安を煽ったり、まじめに行動を起こしている人を揶揄したり・・という行動を起こす人たちもいます。
こういった、「具体的な予言」に振り回されないようにしたいものです。

 

私たちは、予測のつかない世界に生きている「ヒト」という生物にしかすぎません。

その中で、いかに身を守り、情報を精査し、自分として生きるか・・・が課題となっていきます。

 

「自分としていきる」こそが、次のホロスコープのテーマであるように思いますし、ホロスコープが与えてくれるヒントを私たちが受け取ることで、よりよく活きる術を身に着けることができる!と信じています。

「状況に振り回されず、自分としての行動を取る」

心がけていきたいですね。

 

蟹座の水星逆行終了、課題のやりなおし

12日に蟹座の水星逆行が終了し、順行へと戻ります。

「油断」→「問題が大きくなる」→「情報が不確か」といった、2月にあった水星逆行と同じような経過をたどりました。

今回は、前回の課題の復習であり、さらにそのやり直しが、10月の蠍座の水星逆行で行われます。

蠍座も水のエレメント。しかし、途中で天秤座まで戻ります。その時、木星&冥王星&土星&火星が活動宮となります。
再び、活動宮が強調されていく流れになっていきます。

今年の最後の3ヶ月間は、2020年の起こったことを総まとめしたり、不具合がMAXに達したり…と、私たちへのトレーニングは佳境を迎えているのかもしれません。
自粛解除で元の生活に無理やり戻ろうとするか、あえて、「新しいスタイル」を貫いていくか・・が分かれ目。

過去にしがみつく人は、課題のやり直しが命じられていくことでしょう。

 

この「新しい生活」を迎えるハードなトレーニングにどれだけ耐えることができるか?
もっと簡単にできることがあるはずです。

一緒に考えていきたいですね。

 

それぞれのジャンルが派手に表現されていく時は?

私は、SNSをする時間を制限しています。
最近は、園芸が好きで、園芸店に身を置くこともあります。

土いじりをしている人は、健康に長生きする人が多いそうです。
SNSの情報を見て、あれこれと不安になるならば、植物を育ててみるとよいかも!?です。

これが一番のオススメです。

あとは、食べるものに気を付ける。
それは、添加物とかそういったものを排除!というのではなくて、本当に「自分にとって必要だな」って思うものを食べるということ。

今、ひとつ実践していることがあるのですが、これがうまくいけばいいなって思っています。

真実は自分で見極めるもの。
今、うまくいっていない人は、SNSを見すぎているかもしれません。
目の前の人、物にフォーカスし、きちんと自分で暮らす。

これが今の生き方といえます。

モバイルバージョンを終了