3月16日(月)~3月22日(日)の今週の星占い

今週の星占い

3月16日(月)~3月22日(日)の今週の星占い

こんにちは。

現代に生きる私たちにとって未知の経験た続きます。
世間的にも、個人的にも、ストレスフルな日々が強いられる中、少しずつ私たちも「学び」と、次の世界の「夢」を描く過程に入ります。

何が求められているのか、見極めていきたいですね。

今週もよろしくお願いします!

 

この星占いは、「●●座、●●座」という星座などの、人をカテゴライズ化した星占いではなく、世の中の雰囲気と自分の性質を掛け合わせ、「生き方」を考えていこうという星占いです。

まず、自分がどんなホロスコープを持っているかを把握した人は、より、活かしていただけるかと思います。

 

今週の主な天体の動き

 

今週の主な天体の動きはこのようになっています。

  • 太陽・・魚座25度-牡羊座1度
  • 月・・・射手座-魚座
  • 月・・・3月16日下弦の月
  • 水星・・・魚座内で順行
  • 金星・・・牡牛座順行中
  • 火星・・・山羊座順行中
  • 20日・・・太陽牡羊座入宮
  • 22日・・・土星水瓶座入宮
  • 20日・・・火星×木星コンジャンクション

今週は重要なイベントが重なっています。

世相と合わせて、どう心がけていくか考えていきましょう。

太陽牡羊座入り(春分)

3月20日12時50分ごろ、日本で「春分」となります。つまり、ホロスコープの「最初」に戻ります。

この春分の瞬間のホロスコープを「春分図」と呼び、そこから1年間の世相を読んでいくことになります。

ジェミニ

春分図については、今週、改めて詳細な記事を書きますね

春分図は、「ホラリー」的な要素が強い技法です。

ボイドタイムにも通じますが「その瞬間」のホロスコープから、それらがどういう展開をたどるかを読んでいきます。

ジェミニ

昨年は、木星があらゆる惑星と「スクエア」を作り上げていました。

発展拡大の木星だけど、山羊座木星ということで、ややブレーキがかかりやすいうえに、木星の広がりも制限がある。

という意味では、この停滞感はリンクするものがありますね。

 

今年は木星アスペクトは少ないものの、

火星-木星-冥王星-土星

4つの天体が山羊座内に入り、うち火星、木星、冥王星は緊密な合を形成することになります。

 

 

この要素が1年間続くとなると、政治的な混乱は避けられず、私たちはより一層「自衛」と「工夫」が求められることになります。

ウィルスをキーワードに持つ「海王星」は、緩く、太陽、月とコンジャンクションを形成。

少なからず影響は残るものの、「火付け役」としての役目を終え、物事の問題は次の域に移り、特に政治的な混乱と変革、場所によっては過激さが増していく。

 

ジェミニ

私たちの日常を守るにはどうしたらよいか?
牡牛座天王星の「既存の改革」のテーマが色濃く表れていくことになるのかもしれません。

 

土星水瓶座入り

春分の日の直後、土星が水瓶座入りをします。

土星は山羊座の支配星であり、土星が山羊座にいることで、山羊座的な空気が強まった2年間でした。

権力を持つものがさらに力を持ち、人々にプレッシャーを与えていくという場面。

さらに、これまでフワフワとしていた考え方、スピリチュアル性は鳴りを潜め、「現実を見よう」という空気が流れた。

そんな約2年であったように思います。

 

土星の水瓶座入りは限定的なものになります。5月に逆行を始め、その後再び山羊座入り。

土星が逆行を始める5月までに、「この状況が終わったあと」のことをイメージしましょう。

政治的なことにウンザリしている人もいるかもしれない。

もっと狭い範囲で、「身近にいる権力者」から逃れたいと思う人もいるかもしれない。

 

ジェミニ

「プレッシャー」「課題」「試練」から逃れるための、そして逃れたあとのイメージングをしっかり行うことが求められます。

 

3月~5月までは、力のかけどころが見失いがちになります。

「カリスマ」的な人、権力を持つ人の信用が無くなったりと、私たち自身が、「自由にさせられる」とき。

ジェミニ

その自由はなんの補償もありません。より世の中は混沌としたものとなることを示唆しています。

 

水星逆行が終わったあとのこと

 

3月10日に水星逆行が終わったタイミングで、各国が非常事態宣言を出したり、日本でもマスクの転売が禁止になったり、「ちゃんとした情報を知りたい」という声が大きくなったり、イレギュラーな環境の中の「本質」をつかみ、「対策を取ろう」という流れが強まってきました。

ジェミニ

狂った状況が元に戻り、突き付けられるのは、苦しい現実かもしれません。

この状況に飲み込まれるか、否かは、「新しいこと」をイメージングできるかどうかの一つにつきます。

西洋占星術の世界からできることは、「先を読み、考え、行動を起こす」

柔軟・不動・活動の要素。

ぜひ、取り入れて見られてくださいね。

 

 

今週心がけたいこと

春分の日に向けて、次の段階へと物事は動いていきます。

新しい世界のイメージングを行うか行わないか。

改革へ向かう人だけが、チャンスを得ることができます。

活動宮(牡羊座・蟹座・天秤座・山羊座)に天体を多く持つ人は、特に重要な時期。
この時期を活用することで、大きな成果を得ることも。

 

不動宮(牡牛座・獅子座・蠍座・水瓶座)に天体を多く持つ人は、「自分の概念を変える」ことを念頭に置きましょう。
自分の価値観のアップデートを強制的に行うときです。

 

柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)に天体を多く持つ人は、感情的な圧から解き放たれ、自由にイメージングできるときです。
今こそ、「知恵」が求められます。

 

 

ジェミニ

読めない世界ですが、西洋占星術から何が読めるかを追求します。来週もお楽しみに

 

 

メール鑑定のお申込みはコチラ
メール占いお申込みはコチラ